AI・IoTと共に次世代を担う子供たちの「はたらく豊かさ」を創造するビジネスモデル

そのキーワードは「多様性」を持って【顧客体験価値】を「創造」すること。

 

皆さんはどういったことに価値を感じるだろうか。

物への欲求がなくなっている。

今の世の中の大半の人は、家電、携帯電話、生命保険、損害保険、そして、嗜好性が強いホテルまで、あまり情報をとらず、吟味せずに購入しているという。

皆さんはどうでしょうか。

例えば、寝室用に小さなテレビを買うとして、事前にパンフレットなどを取り寄せる?事前にホームページを検索する?

直ぐに量販店に行き、これが良いとその場で即決する方が多いのではないだろうか。

そんなことより、この後の夕飯を何にするか。

その方が重要で、デパートをぐるぐる、野菜の美味しい店はないかと探したり…。

 

【顧客価値体験】こそが求められる今。

顧客体験価値がない商品は、コモディティー化され、amazonや楽天などで事が足りてしまう。

amazonや楽天のキーワードは「代行」 例えば、Amazonエコー。

「トイレットペーパーを頼む」とその機械に言うと勝手にamazonに繋がり、次の日には自宅に届くという。

トイレットペーパーや調味料などの付近にセンサーをつけ、ストックが減ると勝手にAIが判断し、トイレットペーパーや調味料が届くのだ。

顧客体験価値を感じない「トイレットペーパーを買う」といったことは、代行会社が代わりにすべて情報を収集してやってくれる。どうりでお店にお客様が来なくなる訳だ。

 

「創造」こそが大切なキーワード

一方で、もう一つ、大切なキーワードがある。こちらは「創造」

沢山は、いらない。

信頼できる仲間やお客さんと一緒に楽しく人生を送りたい。

そんなあなたには、こっちが向いている。

そのキーワードが「創造」だ。

【顧客体験価値】を創り出していく。

 

例えば、ナイキ。

昔は、ナイキは単なるスポーツ用品販売業。

しかし、今、ナイキのコンセプトは「運動を楽しむ!」だそうだ。

AI・IoTを使って様々な運動を楽しむ仕掛けを創造している。

ナイキのランニングアプリは、アプリを使う仲間と競い合ったり励まし合ったりしながら、楽しく運動をして、トロフィーまで用意してくれる。

三日坊主で終わってしまう方にも、運動が楽しくなる工夫が施されているのだ。

 

こちらのサービスは、決して、ナイキ一社で出来る訳ではない。

色々な業者と組んで、運動を楽しみたい人のプラットフォームをつくり、そこに向かって【顧客体験価値】を創造している。

 

「創造性」には「多様性」が必要。

皆さんもナイキのビジネスモデルに学んでみてはどうだろうか。

「創造性」には「多様性」が必要だということが見えてくる。

 

私たちの思いは「次世代を担う子供たちへ、地域のはたらくをもっと豊かに!」

この「地域」はあなたの大切にしたいローカルで良い。グローバルは、他の担い手がやっている。

地域の会社や起業家。営利、非営利問わず。家庭やコミュニティのために頑張っている、個人をもだ。

働くというのはもちろん楽しいばかりではない。

しかし、生活、人生の起きている時間の半分以上は仕事の時間ではないだろうか?

また、お金をもらうことだけが仕事ではない。

そう考えると、はたらく豊かさは人生そのもの豊かさ。

 

2030年、今ある仕事の60%が無くなると言われている。

いずれにしろAI・IoTを使うのならば、そんな思いを持った人と繋がり、少しでも、次世代を担う人子供たちの為に、今こそ皆で繋がり動いていきたいと思う。

古来から日本人は働くことに喜びをもっていた人種であり、それを次の世代に私たちが引き継ぎ遺していくことが使命ではないだろうか。

 

ソーシャルデザインラボ編集部

 

http://hatarakuba.com/wp-content/uploads/2017/01/81dea68623526e66445a9435ca97f71a.jpghttp://hatarakuba.com/wp-content/uploads/2017/01/81dea68623526e66445a9435ca97f71a-150x150.jpghatarakubaライフ×ワークスタイルAI・IoTと共に次世代を担う子供たちの「はたらく豊かさ」を創造するビジネスモデル そのキーワードは「多様性」を持って【顧客体験価値】を「創造」すること。   皆さんはどういったことに価値を感じるだろうか。 物への欲求がなくなっている。 今の世の中の大半の人は、家電、携帯電話、生命保険、損害保険、そして、嗜好性が強いホテルまで、あまり情報をとらず、吟味せずに購入しているという。 皆さんはどうでしょうか。 例えば、寝室用に小さなテレビを買うとして、事前にパンフレットなどを取り寄せる?事前にホームページを検索する? 直ぐに量販店に行き、これが良いとその場で即決する方が多いのではないだろうか。 そんなことより、この後の夕飯を何にするか。 その方が重要で、デパートをぐるぐる、野菜の美味しい店はないかと探したり…。   【顧客価値体験】こそが求められる今。 顧客体験価値がない商品は、コモディティー化され、amazonや楽天などで事が足りてしまう。 amazonや楽天のキーワードは「代行」 例えば、Amazonエコー。 「トイレットペーパーを頼む」とその機械に言うと勝手にamazonに繋がり、次の日には自宅に届くという。 トイレットペーパーや調味料などの付近にセンサーをつけ、ストックが減ると勝手にAIが判断し、トイレットペーパーや調味料が届くのだ。 顧客体験価値を感じない「トイレットペーパーを買う」といったことは、代行会社が代わりにすべて情報を収集してやってくれる。どうりでお店にお客様が来なくなる訳だ。   「創造」こそが大切なキーワード 一方で、もう一つ、大切なキーワードがある。こちらは「創造」 沢山は、いらない。 信頼できる仲間やお客さんと一緒に楽しく人生を送りたい。 そんなあなたには、こっちが向いている。 そのキーワードが「創造」だ。 【顧客体験価値】を創り出していく。   例えば、ナイキ。 昔は、ナイキは単なるスポーツ用品販売業。 しかし、今、ナイキのコンセプトは「運動を楽しむ!」だそうだ。 AI・IoTを使って様々な運動を楽しむ仕掛けを創造している。 ナイキのランニングアプリは、アプリを使う仲間と競い合ったり励まし合ったりしながら、楽しく運動をして、トロフィーまで用意してくれる。 三日坊主で終わってしまう方にも、運動が楽しくなる工夫が施されているのだ。   こちらのサービスは、決して、ナイキ一社で出来る訳ではない。 色々な業者と組んで、運動を楽しみたい人のプラットフォームをつくり、そこに向かって【顧客体験価値】を創造している。   「創造性」には「多様性」が必要。 皆さんもナイキのビジネスモデルに学んでみてはどうだろうか。 「創造性」には「多様性」が必要だということが見えてくる。   私たちの思いは「次世代を担う子供たちへ、地域のはたらくをもっと豊かに!」 この「地域」はあなたの大切にしたいローカルで良い。グローバルは、他の担い手がやっている。 地域の会社や起業家。営利、非営利問わず。家庭やコミュニティのために頑張っている、個人をもだ。 働くというのはもちろん楽しいばかりではない。 しかし、生活、人生の起きている時間の半分以上は仕事の時間ではないだろうか? また、お金をもらうことだけが仕事ではない。 そう考えると、はたらく豊かさは人生そのもの豊かさ。   2030年、今ある仕事の60%が無くなると言われている。 いずれにしろAI・IoTを使うのならば、そんな思いを持った人と繋がり、少しでも、次世代を担う人子供たちの為に、今こそ皆で繋がり動いていきたいと思う。 古来から日本人は働くことに喜びをもっていた人種であり、それを次の世代に私たちが引き継ぎ遺していくことが使命ではないだろうか。   ソーシャルデザインラボ編集部  つながりの中で 自分らしい 新しいはたらくカタチ の実現を後押しする情報サイト