大ちゃんのわくわくワーク!(エフエムこしがや第4月曜日22:30から放送中)第5回目のゲストは、今話題の「子供食堂」を越谷で運営し、子供たちの寄りどころをつくる、NPO法人地域こども包括支援センターの野口代表にお越しいただきました。

今回の放送では、野口代表が越谷こども食堂を運営するにあたって、「子供の貧困」という課題にどのように向き合い活動しているのか。そして「はたらく」という観点から、これから私達はどのようにこの課題に関わっていくことができるのか、という視点でお話をうかがいました。

そもそも、最近よく耳にする「子供食堂」とはどのような場なのでしょうか?

「こどもが一人でも安心して来られる無料または低額の食堂」と一般的に定義づけされているようですが、野口代表は、その食堂という機能以上に、子供たちが「良い大人に出会う場」という意味合いが大きいといいます。

昔から“カギッコ”と呼ばれる子供たち、いわゆる今でいう貧困家庭というのは存在していました。しかし、30年前と今では、「つながり」のあり方が全く違うといいます。昔は、近所のおばさんの家で遊んでいたり、年上のお兄さんが遊びに連れていってくれたり、勉強まで教えてくれました。

野口代表自身、そのような経験を経て、「私のいまがあるのは、そんな大人たちとの出会、まちのつながりによって今があると思っています。私自身が、貧しさをそんなに感じなく子供時代を過ごすことができたのはコミュニティが健全だったからこそと思っています」と。

「子供の貧困」「貧困の連鎖」という問題は、確かに世帯の所得の問題ではありますが、それ以上に地域のつながり、コミュニティがなくなってしまったいまの地域、いや日本全体の問題なのかもしれない。

野口代表は、そういった地域のつながりを取り戻し、地域全体で子供たちを育てる場の拠点として「意味ある大人との出会い」を演出していきたいといいます。

また、全国に広がる子供食堂など子供の貧困に関わる活動について、経営者の意識が必要だといいます。子供食堂など、一見敷居の低い活動に思われますが、その活動を継続していくのが大変。

私達も、ご縁があってある児童養護施設に通わせていただきボランティアをさせてもらっていますが、子供たちにとって一番悲しいのは、せっかく関係性ができたのに、またいなくなってしまうということだと思っています。

だからこそ、野口代表のいう「継続できる環境づくりが大切」という言葉は、とても切実に感じました。

今回の放送は、8月28日(月)22:30〜22:58、エフエムこしがや(86.8 MHZ)にて放送します。お楽しみに!

≪リスナー限定5大キャンペーン!≫

「大ちゃんの!わくわくワーク」では、リスナーの皆様に感謝の気持ちを込めて、放送中に5つのキャンペーンを実施します。詳しくは放送を聴いて、ぜひ弊社までご連絡ください!お申込み、ご質問は、弊社までどうぞ。(弊社お申込み・お問合せ先 : info@jinji-roumu.com)お申し込みは、コメント欄に感想をお寄せください。

 

キャンペーン① 第5回協賛プレゼント企画

提携先は、パスタ揚げが大人気の三州製菓株式会社さん!

まさに、働き方変革の第一人者として、埼玉の中小企業を引っ張るリーダー企業である三州製菓さん。第二回の放送にもゲストで登場していただきました。 (実は、収録中もパスタ揚げを美味しくいただいていました)

Mail : info@jinji-roumu.com

 

 

キャンペーン② コワーキングスペースの立ち上げメンバー大募集!

日本の基点「台東区」で、コワーキングスペースを設立するプロジェクトを始動!スペースの利用希望者が5名を募集中!

「AI社会」になる未来、より人間性を発揮できる仕事、働き方が求められてきます。弊社では、そんな未来を見据えて、新しい働き方にチャレンジする方、会社とチームを組んで、チャレンジしたいと考えています。ライフスタイル、ワークスタイルの変化が激しい時代、一緒に進んでいくコワーキングメンバーを募集しています。

社会福祉関係、デザイナー、まちづくり、IT関連、食と農にかかわる人、複業、どこでもオフィスとして台東区を拠点に考えている人。ぜひ、変化をチャンスととらえて変化を楽しんでいける方を募集しています。

 

キャンペーン③ 一般社団法人日本ES開発協会で一緒に活動するメンバー大募集!

一般社団法人日本ES開発協会は、「日本の未来の新しいはたらくカタチをつくる」をテーマに活動し、日光街道を踏破するイベントや春日部市でグリーンフェスという地域貢献企業のあつまるお祭りを開催。また、子供たちがワクワク「はたらく」体験をする「はたらく体験ラボ」を実施しています。次世代の子どもたちと共に、地域ではたらく幸せを描くメンバー、事務局を大募集しています。

 

キャンペーン④ 春日部にある自社農園縄文ファームで農体験!おいしい野菜をプレゼント!

私たちは、庄和の地域にある自社農園「アルパカ縄文ファーム」で、有機栽培にこだわった畑仕事をしています。毎日せわしなくはたらく皆さん、リフレッシュもかねて、一緒に農業体験しませんか?参加者の方には、おいしいお野菜をプレゼントいたします。

※収穫物は季節によって異なりますので、ご了承ください。

 

キャンペーン⑤ 903シティファーム推進協議会【たごころ便&メンバー募集】

安心・安全・新鮮・美味しい!有機・無農薬食材の【たごころ便】を年3回お届け!

「農」と「食」で 自律した循環型のライフスタイルをデザイン!

持続可能な農業を応援!今の食卓の3割を農業経営者の熱い思いで心豊かに彩りませんか?

昨年は越谷の畑で映画祭を開催!大人の学びの場を創りだす 思い重なるメンバーを募集中です。

http://hatarakuba.com/wp-content/uploads/2017/08/野口代表⑤.jpghttp://hatarakuba.com/wp-content/uploads/2017/08/野口代表⑤-150x150.jpghatarakubaイベント・メディア情報一覧最新記事大ちゃんのわくわくワーク!(エフエムこしがや第4月曜日22:30から放送中)第5回目のゲストは、今話題の「子供食堂」を越谷で運営し、子供たちの寄りどころをつくる、NPO法人地域こども包括支援センターの野口代表にお越しいただきました。 今回の放送では、野口代表が越谷こども食堂を運営するにあたって、「子供の貧困」という課題にどのように向き合い活動しているのか。そして「はたらく」という観点から、これから私達はどのようにこの課題に関わっていくことができるのか、という視点でお話をうかがいました。 そもそも、最近よく耳にする「子供食堂」とはどのような場なのでしょうか? 「こどもが一人でも安心して来られる無料または低額の食堂」と一般的に定義づけされているようですが、野口代表は、その食堂という機能以上に、子供たちが「良い大人に出会う場」という意味合いが大きいといいます。 昔から“カギッコ”と呼ばれる子供たち、いわゆる今でいう貧困家庭というのは存在していました。しかし、30年前と今では、「つながり」のあり方が全く違うといいます。昔は、近所のおばさんの家で遊んでいたり、年上のお兄さんが遊びに連れていってくれたり、勉強まで教えてくれました。 野口代表自身、そのような経験を経て、「私のいまがあるのは、そんな大人たちとの出会、まちのつながりによって今があると思っています。私自身が、貧しさをそんなに感じなく子供時代を過ごすことができたのはコミュニティが健全だったからこそと思っています」と。 「子供の貧困」「貧困の連鎖」という問題は、確かに世帯の所得の問題ではありますが、それ以上に地域のつながり、コミュニティがなくなってしまったいまの地域、いや日本全体の問題なのかもしれない。 野口代表は、そういった地域のつながりを取り戻し、地域全体で子供たちを育てる場の拠点として「意味ある大人との出会い」を演出していきたいといいます。 また、全国に広がる子供食堂など子供の貧困に関わる活動について、経営者の意識が必要だといいます。子供食堂など、一見敷居の低い活動に思われますが、その活動を継続していくのが大変。 私達も、ご縁があってある児童養護施設に通わせていただきボランティアをさせてもらっていますが、子供たちにとって一番悲しいのは、せっかく関係性ができたのに、またいなくなってしまうということだと思っています。 だからこそ、野口代表のいう「継続できる環境づくりが大切」という言葉は、とても切実に感じました。 今回の放送は、8月28日(月)22:30〜22:58、エフエムこしがや(86.8 MHZ)にて放送します。お楽しみに! ≪リスナー限定5大キャンペーン!≫ 「大ちゃんの!わくわくワーク」では、リスナーの皆様に感謝の気持ちを込めて、放送中に5つのキャンペーンを実施します。詳しくは放送を聴いて、ぜひ弊社までご連絡ください!お申込み、ご質問は、弊社までどうぞ。(弊社お申込み・お問合せ先 : info@jinji-roumu.com)お申し込みは、コメント欄に感想をお寄せください。   キャンペーン① 第5回協賛プレゼント企画 提携先は、パスタ揚げが大人気の三州製菓株式会社さん! まさに、働き方変革の第一人者として、埼玉の中小企業を引っ張るリーダー企業である三州製菓さん。第二回の放送にもゲストで登場していただきました。 (実は、収録中もパスタ揚げを美味しくいただいていました) Mail : info@jinji-roumu.com     キャンペーン② コワーキングスペースの立ち上げメンバー大募集! 日本の基点「台東区」で、コワーキングスペースを設立するプロジェクトを始動!スペースの利用希望者が5名を募集中! 「AI社会」になる未来、より人間性を発揮できる仕事、働き方が求められてきます。弊社では、そんな未来を見据えて、新しい働き方にチャレンジする方、会社とチームを組んで、チャレンジしたいと考えています。ライフスタイル、ワークスタイルの変化が激しい時代、一緒に進んでいくコワーキングメンバーを募集しています。 社会福祉関係、デザイナー、まちづくり、IT関連、食と農にかかわる人、複業、どこでもオフィスとして台東区を拠点に考えている人。ぜひ、変化をチャンスととらえて変化を楽しんでいける方を募集しています。   キャンペーン③ 一般社団法人日本ES開発協会で一緒に活動するメンバー大募集! 一般社団法人日本ES開発協会は、「日本の未来の新しいはたらくカタチをつくる」をテーマに活動し、日光街道を踏破するイベントや春日部市でグリーンフェスという地域貢献企業のあつまるお祭りを開催。また、子供たちがワクワク「はたらく」体験をする「はたらく体験ラボ」を実施しています。次世代の子どもたちと共に、地域ではたらく幸せを描くメンバー、事務局を大募集しています。   キャンペーン④ 春日部にある自社農園縄文ファームで農体験!おいしい野菜をプレゼント! 私たちは、庄和の地域にある自社農園「アルパカ縄文ファーム」で、有機栽培にこだわった畑仕事をしています。毎日せわしなくはたらく皆さん、リフレッシュもかねて、一緒に農業体験しませんか?参加者の方には、おいしいお野菜をプレゼントいたします。 ※収穫物は季節によって異なりますので、ご了承ください。   キャンペーン⑤ 903シティファーム推進協議会【たごころ便&メンバー募集】 安心・安全・新鮮・美味しい!有機・無農薬食材の【たごころ便】を年3回お届け! 「農」と「食」で 自律した循環型のライフスタイルをデザイン! 持続可能な農業を応援!今の食卓の3割を農業経営者の熱い思いで心豊かに彩りませんか? 昨年は越谷の畑で映画祭を開催!大人の学びの場を創りだす 思い重なるメンバーを募集中です。つながりの中で 自分らしい 新しいはたらくカタチ の実現を後押しする情報サイト