弊社矢萩がマネーフォワード「社労士通信」第二号の取材を受けました。

「御社が描いていることを 直ぐに取り入れることが出来る社労士さんは なかなかいないと思いますがMFクラウドの可能性をこのように考え広げていただいて非常に面白かったです。」と最後に頂いた言葉。

「HRテック」
この言葉が皆さんの耳に届き始めた今
生産性の見える化をMFクラウド活用で実現。
社労士事務所の次の展開を提案するカタチとなりました。

 

給与データこそ 活かしやすい!分析しやすい!データ。

今こそ人事分野に科学を。

ES組織開発 人事制度や賃金制度構築を長年支援してきた中で ついて回る 給与計算ニーズ。
一方 いかに情報の一元管理ができるかが肝であり
MFを活かし情報の一元管理を実現していく。

弊社では クラウド化を通して 業務の効率化を図ることは勿論
更にお客様の給与計算データから
税理先生士との連携により 売上高や利益率と人件費や労働時間との月次分析を実現。
更に 弊社のES組織診断ソフト「人財士」を通して 残業の問題と組織のES度合いの関係性を判断したり
弊社の賃金シミュレーションソフト「賃金士」を通して 各等級の適正人員を図っていくなどといったことができるようになる。
また インバスケットテストの人材アセスメントの結果データとチームの状態(人財士)を紐づけて分析することもできる。
組織の状態がどうなっているのか 目に見えないものがどうなっているのか の見える化を図る。
これまでの組織開発の視点や人事制度を作っていくという視点からもお客様と互いにリアルな情報を確認しながら提案・意思決定から検証までトータルでお客様に人事・組織開発について提案できるようになり お客様にも喜んでいただける。
横浜市立大学の影山先生とも連携し
gamba!やチャットワークといったコミュニケーションツールによって
業務の見える化 さらには 関係性の見える化 にも取り組む。

キャンペーン実施中▼

給与計算から
むしろ給与計算をやらずにして
給与データを活用

ここにはMFクラウドのような
いかにエコシステムを組みやすいツールを使っていくかが肝となるだろう。

人事はデータで語る時代http://hatarakuba.com/wp-content/uploads/2018/01/①.jpghttp://hatarakuba.com/wp-content/uploads/2018/01/①-150x150.jpghatarakuba最新記事進化する組織弊社矢萩がマネーフォワード「社労士通信」第二号の取材を受けました。 「御社が描いていることを 直ぐに取り入れることが出来る社労士さんは なかなかいないと思いますがMFクラウドの可能性をこのように考え広げていただいて非常に面白かったです。」と最後に頂いた言葉。 「HRテック」 この言葉が皆さんの耳に届き始めた今 生産性の見える化をMFクラウド活用で実現。 社労士事務所の次の展開を提案するカタチとなりました。   給与データこそ 活かしやすい!分析しやすい!データ。 今こそ人事分野に科学を。 ES組織開発 人事制度や賃金制度構築を長年支援してきた中で ついて回る 給与計算ニーズ。 一方 いかに情報の一元管理ができるかが肝であり MFを活かし情報の一元管理を実現していく。 弊社では クラウド化を通して 業務の効率化を図ることは勿論 更にお客様の給与計算データから 税理先生士との連携により 売上高や利益率と人件費や労働時間との月次分析を実現。 更に 弊社のES組織診断ソフト「人財士」を通して 残業の問題と組織のES度合いの関係性を判断したり 弊社の賃金シミュレーションソフト「賃金士」を通して 各等級の適正人員を図っていくなどといったことができるようになる。 また インバスケットテストの人材アセスメントの結果データとチームの状態(人財士)を紐づけて分析することもできる。 組織の状態がどうなっているのか 目に見えないものがどうなっているのか の見える化を図る。 これまでの組織開発の視点や人事制度を作っていくという視点からもお客様と互いにリアルな情報を確認しながら提案・意思決定から検証までトータルでお客様に人事・組織開発について提案できるようになり お客様にも喜んでいただける。 横浜市立大学の影山先生とも連携し gamba!やチャットワークといったコミュニケーションツールによって 業務の見える化 さらには 関係性の見える化 にも取り組む。 キャンペーン実施中▼ 給与計算から むしろ給与計算をやらずにして 給与データを活用 ここにはMFクラウドのような いかにエコシステムを組みやすいツールを使っていくかが肝となるだろう。つながりの中で 自分らしい 新しいはたらくカタチ の実現を後押しする情報サイト