903シティファーム推進協議会とは

●903シティファーム推進協議会とは

私たち903シティファーム推進協議会は2015年10月に発足。
秋の収穫祭と題し 当時越谷にあった農園に集い その日はBBQに加え青空教室&青空美容室を開き 子どもたちから大人たちまで“農”を楽しんだ一日。

当時 自宅から“90”分圏内にもう一つの居場所を持ち お金に依存しない自律したライフスタイルを目指そう!を合言葉に始まりました。

お金に依存しない自律した生活を目指す割合は“3”割程度。全面的にお金から離れた経済はこの時代あり得ない!その割合は3割としようと決めたのです。


そこから 野外映画祭 や 大竹農園×熊澤酒造と協働で「ローカルファースト!すべて茅ヶ崎産!日本酒をお米から作る会」など 農縁を舞台に 遊び=明日備 の時間を創出してきたのが「ローカルとつながる田心マルシェ」がはじまるまでの軌跡です。

●贈与でめぐる新しい社会を私たちは模索しています。

お金になるべく頼らず つながりを通して 私たちのやりたいことをやってみよう。

2017年4月「ローカルとつながる田心マルシェ」をスタート。
骨付き肉とお酒のお店maru浅草 のマスターのご厚意で 軒先をお借りしての実現。
そこからは 4つの店舗で軒先をお借りし お野菜販売を行ってきました。

また 年に二回“地域のコミュニティの場となってくれたら…”と話す 秋葉神社の沼部宮司さんと思いが重なり 「秋葉様の田心マルシェ」を開催しています。
台東区ゆかりの出店者とともにつくるマルシェ。“池の魚をすくっちゃおう!”といった自然とのつながりを子どもたちに実感してもらう為の試みも織り交ぜて開催しています。

2019年からは社会実験的に「都内で野菜を無人販売する」試みを続けています。
ご協力いただくお店や地域の方とのつながりに助けられ このお釣りが出ない「無人販売」の仕組みに お心づけとして 売上以上のお金が300円。
私たちはここに 暮らしとハタラクが融合し つながりを大切にする下町-浅草だからこそできる試みであると実感しました。

お金があっても出来ない試み。
私たちの活動は、本当にたくさんの方の贈与で成り立っています。

そして、2020年、新たな試みがスタートしました。

試み① よみがえれ!浅草田圃プロジェクト

農地0の浅草に、“1”をつくろう!と始まった、よみがえれ!浅草田圃プロジェクト。
浅草のまちに、一反(1000平米)の田畑を!と江戸時代のような田圃、食の豊かなまちを目指しています。
それを実現するのは、園芸療法を取り入れたプランターでの栽培。
プランターや花壇にひろがる自然栽培による都市型パーマカルチャー。
自然の循環や法則、生態系を表現し、学び、仲間と共有する。
お米を中心に、お野菜も栽培して、関わる人の「楽しみ」を増やします。
田圃があるだけじゃない。マルシェ・無人販売があるだけじゃない。
その全てが循環して、地域のつながりを醸成することが目的としています。

試み②農と食で、ローカルとつながり、地域がつながる、コミュニティカフェ「田心カフェ」

弊社の次世代を担う子どもたちへはたらく豊かさを!のコンセプトのもと、「農」ははたらくの原点、から生まれた「田心カフェ」
2020年9月、私たち一人ひとりが、地域のつながりを取り戻し、小さくても自分たちらしくはたらく場を創っていこうと、スタートしました。
スタッフは全員ボランティア。
20代の社会人が多いですが、高校生から50代のメンバーまで、多様な背景の仲間で運営しています。
最近では、地域の方がPOPを作って来てくれて、お客様とスタッフという関係から、地域をともにする仲間として、関係性が変わりつつあることを嬉しく思います。
顔の見える、お野菜たち。野菜も加工品も、カフェに並ぶものすべてがご縁から成るものの為、作り手の熱い思いをいかにお伝えできるかが、皆で考え、改善していく最中です。

●共感でめぐる社会を目指して―共感コミュニティ通貨「eumo」加盟店に

田心カフェでは、共感コミュニティ通貨eumoをお使い頂けます。

eumoの加盟店となったのは、描く世界観や目指す方向性の重なりから。運営会社である株式会社eumoとは、より幸せな社会を実現するためのアプローチの方法は違うけれど、お金とモノ・労働の交換で何でも解決する社会から、『共感』でめぐる社会を目指していく姿勢に賛同し、加盟を決めました。

 

●ともに、働く(協同労働)。ともに、生きる(協同生活)。を体験する場―903シティファーム推進協議会

水曜日の「ラープ屋さん」

木曜日の「南インドカレー屋さん」

金曜日土曜日の「田心カフェ」お野菜たっぷりグランドメニュー

曜日ごとにコアになる店長が変わります。

「田心カフェ」は、各々が“自ら出資し 自ら料理を作り提供する。全員で売上を共有し使い道を決める。”「労働者協同組合(ワーカーズ・コープ)」とも重なるカタチで運営し、ボランティアメンバーと共に、これからの働き方について向き合いながら、歩み進めています。

 

また、よみがえれ!浅草田圃プロジェクトの仲間がカフェへメンバーに会いに来て食事を楽しむ、「田心便」からつながりでめぐる経済へと参画する、共感でめぐる社会のワクワクを味わい楽しむ地域の方々。

その基盤を支える、903シティファーム推進協議会の発足当初より、ゆるやかに続く仲間からの出資。

国民の自発的な生活協同組織の発達を図り、国民生活の安定と生活文化の向上を期することを目的とする『消費生活協同組合』とも重なるカタチ。

ともに、働く。

ともに、生きる。

労働者協同組合(ワーカーズ・コープ)、消費生活協同組合、そして、共感コミュニティ通貨eumoも交えた、新しい働き方、生き方を目指すコミュニティ「混合型協同組合」を目指して、思考錯誤歩み進めております。

2020年12月4日、ワーカーズ・コープ法成立に際し、私たちの取り組みについて、雑誌「農業経営者」に掲載頂きました。

2021年3月23日
ラジオ 鳥越アズーリFM 放送!
「だいすけ!えりな! 聞いてガッテン!下町しまうまラジオ」

NPO法人協同労働協会OICHI理事長 坂佐井雅一氏と対談

●ともに、コミュニティを育てる、仲間との出会いを私たちは求めています。

このコミュニティでは、多様な背景のメンバーが自分の好きなことを通して地域に貢献していきたいという仲間が集っています。私たちの活動はメンバー一人ひとりが主人公の物語の重なりです。

働く意義とは何かを問い続けている学生たち。
お金には不満はないけれど自分が社会に役立っていると感じない。会社ともう一つのフィールドで、もっと自分の力を社会に活かして生きたい、と考える 社会人。
昔から人と同じことが出来ない、お金の経済では落ちこぼれていく感覚を持っているが新しいつながりの社会で活躍したい方。

お金を稼ぐことを目標に経営をしてきたがどうも幸せから遠ざかっている気がする。そんな問いかけに対して向き合っていきたい社長さん。
社員さんにハタラク喜びを伝えたいと研修の一貫として。

等々、皆さんがこれからはじまる新しい 共感でめぐる社会の物語を紡ぐ主人公です。

ローカルとつながる!田心カフェ の開店にあたり
ご来店くださる方や地域とつながりの循環を起こしていくメンバー。
自然農法をともに学び 浅草田圃プロジェクト や 90分圏内のリアルな農園を舞台に
こだわり野菜を自然農法で育て管理するメンバー。

農と食を通して、地域とつながり、都市とローカルをつなげ、つながりと共感でめぐる持続的な社会を 仲間とともに実践していく。

お互いの異なりを大切にし、この 新しい働き方の組織 そして 共感でめぐる社会の創造 を模索していく、新たな仲間と出会えることを楽しみにしています。

メンバー募集のお問い合わせ

・氏名 *必須

・氏名(フリガナ) *必須

・電話番号 *必須

・メールアドレス *必須

・性別

・ご年齢 *必須 
・住所  *任意