コミュニティー経営についてセミナーを開催いたしました。

講師には、未来企業としてESナンバーワン企業として活躍のチャットワークの
山口常務そして、横浜の地域貢献企業として、コミュニティ経営を
実践している大川印刷さんをゲストにお呼びしての講義です。
参加された企業さんも、横浜ビールの太田社長、スリーハイの男澤社長、
越後湯沢の井仙の小野塚さんをはじめコミュニティ経営を実践している
企業さんほか、地域で頑張る会社さん、社員さんに来ていただきました。
いままで、なじみのない、コミュニティ経営という言葉にどこまで、理解していただける方
不安では、ありましたが、さすが、少なからず、実践している企業のみなさん、
コミュニティ経営の意義について興味を持っていただきました。

皆さんは、コミュニティという言葉を地域を少なからずきいたことがあると思います。
コミュニティとは、
同じ場に所属し、利害を共にし、政治、経済、価値観などにおいて、
深く結びついている人々の集まりと定義されています。

このコミュニティの考えが今、経営にも大切な要素として、
注目を浴びているのです。
コミュニティ経営の定義は、
社員の成長(ES)、顧客の成長(CS)、地域の笑顔(SS)の3つのつながりを通して、社会の共通善への期待を高めていく経営のことを言います。

このように大上段に構えると何やら難しそうだなあと
思ってしまいますが、ヘンリーミンツバーグが言っているように、
日本の1980年代頃のつながりや、暗黙知といった現場主義の考え方を
もう一度日本はベースに置いたらどうですかということなのです。

そこには、大家族主義といった日本の経営がありました。
確かにコミュニティとして会社は、機能していました。


しかし、欧米からの、成果主義、結果主義の考えが日本に
持ち込まれ、人を資源とみるヒューマンリソースの考え方のもと、
アンゾフをはじめポーターなどのPDCAを回すマネジメント
が、主流を占めている時代が、ここ最近まで続いてきました。
このマネジメントは、最小の資源で、最大の結果を出すマネジメント
です。そこには、分業と効率重視の経営が求められ、
ある程度機能してきたのです。
しかし、この右肩上がりの経営モデルは、とにかく、疲れるし、
SSの分野ですに、豊かになった日本にはちょっと不向きになってきました。そして、
とうとう、先進国のこのモデルでの成長は、頭打ちになってきたのです。
あまりの分業体制、非人間的な経営に、問題点が噴出してきたのです。

やはり、日本の現場主義のつながりの経営のほうがよいじゃないかと!
しかし、ヘンリーミンツバーグや、イノベーションのジレンマを発表した
クリステンセンは、いままでの日本の現場主義だけじゃダメだといっています。
それは、日本の高度成長期の時の現場主義の経営だけでは、もはや時代遅れなのです。
そこには、オーブンイノベーションの考えが必要であると述べているのです。

日本でも、自社以外の組織から、新しい商品、サービスを生み出してきたが、
その多くは、垂直統合された、グループ企業などの連携のなかから生まれてきました。
それは、オープンイノベーションで市場を動かしている、中国や、韓国の新興国
に日本が追いやられているのをみれば明らかです。

いま、元気な企業は、P&Gやシスコシステムズといったオープンイノベーションな
会社が伸びています。P&Gでは、売り上げの50パーセントを外部技術をつかって達成する
というイノベーション目標を挙げています。

今回、ゲストの企業の大川印刷さんや、チャットワークさんも、他社や他団体との
オープンイノベーティブな取り組みで業績を伸ばし続けてるのです。

http://hatarakuba.com/wp-content/uploads/2017/04/チャット5.jpghttp://hatarakuba.com/wp-content/uploads/2017/04/チャット5-150x150.jpghatarakuba最新記事進化する組織コミュニティー経営についてセミナーを開催いたしました。 講師には、未来企業としてESナンバーワン企業として活躍のチャットワークの 山口常務そして、横浜の地域貢献企業として、コミュニティ経営を 実践している大川印刷さんをゲストにお呼びしての講義です。 参加された企業さんも、横浜ビールの太田社長、スリーハイの男澤社長、 越後湯沢の井仙の小野塚さんをはじめコミュニティ経営を実践している 企業さんほか、地域で頑張る会社さん、社員さんに来ていただきました。 いままで、なじみのない、コミュニティ経営という言葉にどこまで、理解していただける方 不安では、ありましたが、さすが、少なからず、実践している企業のみなさん、 コミュニティ経営の意義について興味を持っていただきました。 皆さんは、コミュニティという言葉を地域を少なからずきいたことがあると思います。 コミュニティとは、 同じ場に所属し、利害を共にし、政治、経済、価値観などにおいて、 深く結びついている人々の集まりと定義されています。 このコミュニティの考えが今、経営にも大切な要素として、 注目を浴びているのです。 コミュニティ経営の定義は、 社員の成長(ES)、顧客の成長(CS)、地域の笑顔(SS)の3つのつながりを通して、社会の共通善への期待を高めていく経営のことを言います。 このように大上段に構えると何やら難しそうだなあと 思ってしまいますが、ヘンリーミンツバーグが言っているように、 日本の1980年代頃のつながりや、暗黙知といった現場主義の考え方を もう一度日本はベースに置いたらどうですかということなのです。 そこには、大家族主義といった日本の経営がありました。 確かにコミュニティとして会社は、機能していました。 しかし、欧米からの、成果主義、結果主義の考えが日本に 持ち込まれ、人を資源とみるヒューマンリソースの考え方のもと、 アンゾフをはじめポーターなどのPDCAを回すマネジメント が、主流を占めている時代が、ここ最近まで続いてきました。 このマネジメントは、最小の資源で、最大の結果を出すマネジメント です。そこには、分業と効率重視の経営が求められ、 ある程度機能してきたのです。 しかし、この右肩上がりの経営モデルは、とにかく、疲れるし、 SSの分野ですに、豊かになった日本にはちょっと不向きになってきました。そして、 とうとう、先進国のこのモデルでの成長は、頭打ちになってきたのです。 あまりの分業体制、非人間的な経営に、問題点が噴出してきたのです。 やはり、日本の現場主義のつながりの経営のほうがよいじゃないかと! しかし、ヘンリーミンツバーグや、イノベーションのジレンマを発表した クリステンセンは、いままでの日本の現場主義だけじゃダメだといっています。 それは、日本の高度成長期の時の現場主義の経営だけでは、もはや時代遅れなのです。 そこには、オーブンイノベーションの考えが必要であると述べているのです。 日本でも、自社以外の組織から、新しい商品、サービスを生み出してきたが、 その多くは、垂直統合された、グループ企業などの連携のなかから生まれてきました。 それは、オープンイノベーションで市場を動かしている、中国や、韓国の新興国 に日本が追いやられているのをみれば明らかです。 いま、元気な企業は、P&Gやシスコシステムズといったオープンイノベーションな 会社が伸びています。P&Gでは、売り上げの50パーセントを外部技術をつかって達成する というイノベーション目標を挙げています。 今回、ゲストの企業の大川印刷さんや、チャットワークさんも、他社や他団体との オープンイノベーティブな取り組みで業績を伸ばし続けてるのです。つながりの中で 自分らしい 新しいはたらくカタチ の実現を後押しする情報サイト