今回は、関内イノベーションイニシアティブ株式会社の治田社長との対談です。

関内イノベーションイニシアティブ株式会社では、あたらしいチャレンジをする人を応援する仕組みときっかけを創り出すmass×mass関内フューチャーセンターを運営しています。

治田さんは、これまでのソーシャルセクターの変遷の第一線で活躍されてきた経験や、現在、さまざまなプロジェクトを企画・運営していることから、常に「応援する気持ち」を絶やさずに抱き続けることが、大事だといいます。

応援したい人たちがいる。だからこそ、どんなに冷たい視線や矢のような意見を浴びせられても、その人たちのためならと、信念を貫く事ができる。そのためには、常に進化、変化している事が重要で、そのライブ感に、「応援したい!」という気持ちがわき上がると言っています。

 

地域・社会で活躍することを目指す私たちにとって、これまで何人、何十人、何百人もの活躍する先輩を支え、応援してきた治田社長の「応援する気持ち」は、何よりも心強く感じますし、そう思っていただけるよう、変化し続けなければいけないと心を奮い立たせてくれます。

https://hatarakuba.com/wp-content/uploads/2017/02/治田さん-1.pnghttps://hatarakuba.com/wp-content/uploads/2017/02/治田さん-1-150x150.pnghatarakubaはたらくをデザインする今回は、関内イノベーションイニシアティブ株式会社の治田社長との対談です。 関内イノベーションイニシアティブ株式会社では、あたらしいチャレンジをする人を応援する仕組みときっかけを創り出すmass×mass関内フューチャーセンターを運営しています。 治田さんは、これまでのソーシャルセクターの変遷の第一線で活躍されてきた経験や、現在、さまざまなプロジェクトを企画・運営していることから、常に「応援する気持ち」を絶やさずに抱き続けることが、大事だといいます。 応援したい人たちがいる。だからこそ、どんなに冷たい視線や矢のような意見を浴びせられても、その人たちのためならと、信念を貫く事ができる。そのためには、常に進化、変化している事が重要で、そのライブ感に、「応援したい!」という気持ちがわき上がると言っています。   地域・社会で活躍することを目指す私たちにとって、これまで何人、何十人、何百人もの活躍する先輩を支え、応援してきた治田社長の「応援する気持ち」は、何よりも心強く感じますし、そう思っていただけるよう、変化し続けなければいけないと心を奮い立たせてくれます。「農」と「食」を通したソーシャルデザインの実現